葛飾区お花茶屋の歯医者「お花茶屋駅前歯科クリニック」の「根管治療」のページです。

根管治療

重度の虫歯を抜歯から救う~根管治療~

虫歯が重度にまで悪化すると、虫歯菌が歯の奥にある神経や血管を死なせてしまいます。そこまで進行した虫歯は従来では抜くしかありませんでしたが、近年では根管(こんかん)治療を行うことで歯を残せるようになりました。

根管治療とは、歯の奥を通る根管という細い管の中から、死んでしまった神経・血管を取り除き、内部をきれいに洗浄・消毒して薬剤を詰める治療です。複雑で大変細い根管を扱うためとても難しい治療になりますが、この治療を確実に行えれば歯を抜かずに残すことができます。

葛飾区お花茶屋の歯医者「お花茶屋駅前歯科クリニック」では根管治療に対応していますので、重度の虫歯でもあきらめずご相談ください。

根管治療が重要な理由~美しく白い歯にする前に~

根管治療が重要な理由~美しく白い歯にする前に~

根管治療は精密性が求められる難しい治療です。根管内に細菌が残らないよう、完全に神経を除去できなければ、再治療が必要になってしまうケースも少なくありません。つまり、もし上部に白く美しい被せ物をしても、その前の根管治療がきちんとできていなければ、再治療によってせっかくの被せ物もつくり直しが必要になってしまうでしょう。つまり根管治療とは、歯の土台をつくるとても重要な治療だといえるのです。

根管治療の流れ

※表は左右にスクロールして確認することができます。

STEP1 STEP2 STEP3 STEP4 STEP5
STEP1 STEP2 STEP3 STEP4 STEP5
歯を削って根管を露出させ、死んでしまった神経・細菌感染を起こした歯壁を残らず除去します。 根管の深さを測ります。 根管を広げ、細菌が残らないようすみずみまで洗浄・消毒します。 すき間ができないよう注意しながら、根管のすみずみまで薬剤を充填します。 上部に被せ物を装着し、治療は終了です。
~根管治療は信頼できる医院で~

精密性が求められる根管治療には、歯科医師の高い技術が必要となります。もし根管治療に不備があれば、上部の被せ物も長持ちさせることができません。むだな再治療を防ぐためにも、根管治療は信頼できる医院で受けることが大切です。

当院は根管治療について、高い技術と実績を持つ医師が治療にあたります。どうぞ安心してご相談ください。

当院の根管治療の特徴

NiTi(ニッケルチタン)ファイルの使用

NiTi(ニッケルチタン)ファイルの使用

当院では根管治療において神経・細菌感染を起こした歯壁を除去する際に、NiTiファイルを使用しています。NiTiファイルは従来のステンレス製のファイルに比べて高い柔軟性を持つため、複雑に曲がる根管の形状にもぴったりとフィットして取り残しを防ぐことができます。

価格はステンレス製のものより高額になりますが、当院では安全性を確保するためにNiTiファイルを採用しているのです。

WAVE ONE システムの採用

WAVE ONE システムの採用

当院では根管治療において、滅菌包装されたファイルを一人の患者さんにつき1本用いて使い捨てにする「WAVE ONE システム」を採用しています。そのメリットは次のとおりです。

Merit 1 Merit 2
ファイルを使い回さないことで院内感染を防止 治療時間の短縮
Merit 3 Merit 4
特殊な形状で、治療精度を向上 ファイルの破折を防ぎ、再治療リスクを軽減

このように「WAVE ONE システム」は、患者さんに安全・確実な根管治療をご提供するための重要なシステムなのです。