葛飾区お花茶屋の歯医者「お花茶屋駅前歯科クリニック」の「歯周病治療・歯周外科治療」のページです。

歯周病治療・歯周外科治療

あなたもかかっているかも?~歯周病治療~

歯周病とは、プラーク(歯垢)に棲みつく歯周病菌が毒素を出し、歯周ポケット(歯と歯ぐきの間の溝)に入り込んで炎症を起こし、徐々に歯を支える顎の骨や歯ぐきを溶かしていく骨の病気です。悪化すれば歯は支えを失い、抜け落ちてしまうこともあります。

初期には自覚症状がなく、気づかないうちにどんどん進行してしまう歯周病は、多くの日本人がかかっている病気であり、実に「日本人が歯を失う原因」の第1位にも挙げられています。虫歯と同じく早期発見・早期の治療が大切ですので、少しでも異変に気づいたら、葛飾区お花茶屋の歯医者「お花茶屋駅前歯科クリニック」までご相談ください。

歯周病の原因とは

歯周病の原因とは

歯周病の直接的な原因となるのは、歯周病菌の棲みかとなるプラークだといえます。プラークを放置すると硬くなって歯石化し、そうなるともうブラッシングで落とすことはできません。

歯周病菌が棲みつくプラークや歯石は、どんどん歯周ポケットの内側に入り込んでいき、悪化すれば外科処置による除去が必要になってしまいます。大切なのは、できるだけ早く適切な処置を行い、進行を食い止めること。歯科医院で専門的なクリーニングを受けてプラーク・歯石を除去し、歯周病から大切な歯を守りましょう。

歯周病の進行段階

歯肉炎

歯肉炎
歯肉炎

歯ぐきに炎症が起きはじめ、ブラッシングすると出血することがあります。

歯周ポケットの深さ:2~3mm程度

軽度歯周炎

軽度歯周炎
軽度歯周炎

歯ぐきの炎症が強くなり、ブラッシング時の出血に加えて口臭も現れます。顎の骨の溶解もはじまった段階です。

歯周ポケットの深さ:4mm程度

中等度歯周炎

中等度歯周炎
中等度歯周炎

顎の骨は半分程度溶かされ、歯を指で押すとグラつきます。口臭が増し、歯が浮くような感覚があります。

歯周ポケットの深さ:6mm程度

重度歯周炎

重度歯周炎
重度歯周炎

顎の骨は3分の2上溶かされ、歯は大きくグラグラします。歯ぐきが下がって歯根が露出し、膿も出はじめて口臭が増します。これを放置すれば、歯は抜け落ちてしまうでしょう。それを防ぐには、適切な歯周外科治療が必要です。

歯周ポケットの深さ:8mm程度

当院の歯周病基本治療

SRP(スケーリングルートプレーニング)

軽度~中等度の歯周炎に対し行う治療です。局所麻酔を施したうえで、歯周ポケットの内部のプラークや歯石、また膿や感染した歯肉組織を取り除きます。

  • SRP(スケーリングルートプレーニング)
  • SRP(スケーリングルートプレーニング)
  • SRP(スケーリングルートプレーニング)
  • SRP(スケーリングルートプレーニング)
フラップ手術

中等度以上に進行した歯周炎に対して行う治療です。局所麻酔を施したうえで歯ぐきを切開し、歯根を露出させて付着したプラークや歯石、また膿や感染した歯肉組織を取り除きます。最後に歯ぐきを縫合して終了です。

  • フラップ手術
  • フラップ手術
  • フラップ手術
  • フラップ手術
歯垢・歯石を溶かして除去!新しい歯周病治療~ペリソルブ~

歯垢・歯石を溶かして除去!新しい歯周病治療~ペリソルブ~

ペリソルブは、歯を削らないで治す虫歯治療法「カリソルブ」の技術を駆使したスウェーデン発の歯周病治療薬。患部にペリソルブを塗布し、歯周病菌の棲み家である歯垢や歯石を殺菌・融解して除去します。刺激や副作用が少なく、患者さんへの負担も軽減されます。スケーラーなどの専用機器は使用しないので、強い振動や痛み、歯ぐきからの出血なども最小限で済むのがメリットです。

ペリソルブ 1回 ¥20,000(税抜)
ペリソルブ
1回 ¥20,000(税抜)
~「予防」によって「治療」を不要に~
歯周病は原因がはっきりしているため、適切な予防によって発症を防ぐことが可能です。気づかないうちに進行してしまう歯周病は、「なってからの治療」では手後れになってしまいます。定期検診に通い、専門的なクリーニングなど適切な予防処置を受けることで、治療のために通院しないで済むようにしましょう。

外科手術による歯周病治療~歯周外科治療~

葛飾区お花茶屋の歯医者、「お花茶屋駅前歯科クリニック」では、歯周病基本治療で改善が期待できない場合に、外科手術による歯周外科治療を行っています。こちらでは、当院が行っている2つの治療をご紹介します。

当院の歯周外科治療

FGG(Free Gingival Graft:遊離歯肉移植術)

FGG(Free Gingival Graft:遊離歯肉移植術)

FGGとは、遊離歯肉移植術(ゆうりしにくいしょくじゅつ)と呼ばれる治療です。歯周病の進行によって歯肉組織が破壊され、歯根が露出してしまった場合に、上顎の口蓋(こうがい)から切り取った歯肉を移植して縫合。後日抜歯を行います。

上皮組織と結合組織の両方を移植するため、手術は比較的簡単に行えますが、移植後にまわりの歯肉との色の違いが生じることがあります。

CTG(Connective Tissue Graft:結合組織移植術)

CTG(Connective Tissue Graft:結合組織移植術)

CTGとは、結合組織移植術と呼ばれる治療です。FGGと同じく、歯肉が退縮してまわりの歯とのバランスが崩れたり、歯根が露出したりした場合に、上顎の口蓋から上皮組織の内側にある結合組織のみを切り取って、移植先の上皮組織と骨膜の間に移植します。

移植先の上皮組織を活かすことからFGGのような色の違いが生じず、自然な仕上がりを得ることができます。

当院院長は歯科医師のスタディグループの一つである、歯周形成外科コース「SBC(Surgical Basic Course)」を受講しており、常に新しい歯周病治療の知識・技術の習得に努めいています。歯周病治療は、どうぞ安心して当院におまかせください。

SBC(Surgical Basic Course)についてくわしくはこちら