葛飾区お花茶屋の歯医者「お花茶屋駅前歯科クリニック」の「痛みの少ない治療」のページです。

痛みの少ない治療

できるだけ痛みを抑えた歯科治療を

「歯医者は痛くて怖い……」。大人でもそんなイメージをお持ちの方は少なくありません。そのために、何か症状が出ているにもかかわらず、治療をあとまわしにしてしまうという方がいらっしゃいます。しかし、虫歯歯周病は決して自然治癒することがないため、放置すればどんどん悪化して、大がかりな治療が必要になってしまうことになりかねません。

葛飾区お花茶屋の歯医者「お花茶屋駅前歯科クリニック」ではそういった事態を避けるために、治療時の痛みをできるだけ抑えられるよう配慮しています。「歯医者=痛い」のイメージをなくし、必要なタイミングで治療を受けていただけるように努めてまいります。

できるだけ痛みをなくすための取り組み

当院では治療における痛みをできるだけなくすために、麻酔において次のことに取り組んでいます。

表面麻酔の実施

表面麻酔の実施

歯医者での治療で最初に痛みを感じるのは、治療前の麻酔注射ではないでしょうか。麻酔針が刺さるときの痛みをなくすための、「塗る麻酔」です。いわば「麻酔の麻酔」であり、塗るだけなので痛みもありません。

細い注射針の使用

細い注射針の使用

注射針は、細ければ細いほど、痛みが少ないものです。当院では麻酔針が刺さるときの刺激を低減するために、「33G(0.2mm)」と呼ばれる極細の針を使用しています。

電動麻酔器の導入

電動麻酔器の導入

薬液が体内に入るときスピードにムラがあると、じわじわとした痛みが生じます。そこで、コンピュータ制御によって注入のスピードを一定に保つことができる電動麻酔器を使用し、痛みを軽減します。

麻酔液の温度調整

麻酔液の温度調整

麻酔液が体温より冷たいと、体内に入るときに刺激を感じます。そこでカートリッジウォーマーによって麻酔液を体温と同程度に温めておき、違和感を和らげます。

麻酔が効きにくいケース
Case1 Case2
眠れないほど痛みが強かったため、
睡眠不足になっている
患部に
膿が溜まっている
Case3 Case4
下顎の奥歯の治療
(まわりの骨の影響で
麻酔液が浸透しにくいことがあります)
患部が
腫れている
麻酔が効きにくい場合の対処法
対処法1 麻酔液の量を増やす
※身体に安全な量で行うため、心配ありません
対処法2 時間をおき、麻酔が効くのを待つ
対処法3 麻酔が効きにくい下顎の奥歯には、「下顎伝達麻酔」という高度な麻酔法を用いる
~「痛みのない治療」=「早めの治療」です~

歯科治療で痛みが生じるのは、症状がかなり進行しているケースでのこと。症状が軽いうちに治療ができれば、ほとんど痛みはありません。歯科治療の痛みが苦手なのであれば、むしろ歯医者を避けるのではなく、悪くなる前から定期検診に通い、予防によって治療を不要にしたり、早期発見・早期治療を可能にしたりすることが大切です。

「歯医者は怖い」の先入観をなくし、気軽に定期検診に通う習慣を身につけましょう。