葛飾区お花茶屋の歯医者「お花茶屋駅前歯科クリニック」の「一般歯科」のページです。

一般歯科

「虫歯かな?」と感じたら、すぐにご相談を~一般歯科~

「歯が痛い」「しみる」……それは、虫歯のサイン。しかし、虫歯は初期段階では自覚症状が出にくいため、こういったサインが現れたときにはすでにかなり進行していることが考えられます。

虫歯治療は、進行すればするほど難しくなり、また歯のダメージも大きくなってかぎりなく「歯を失うこと」につながってしまいます。治療は早めが肝心。少しでも「虫歯かな?」と思う症状があれば、葛飾区お花茶屋の歯医者「お花茶屋駅前歯科クリニック」の一般歯科までご相談ください。

痛みを抑えた虫歯治療

「虫歯治療は痛い」多くの方がそう思われているのではないでしょうか。しかしそのイメージのために歯科治療を避けてしまえば、虫歯は悪化する一方です。そこで当院では、虫歯治療の痛みをできるかぎり抑えられるよう、次のことを行っています。

表面麻酔の使用 麻酔液の温度調整
治療の痛みをなくすための「麻酔注射」が痛い、といわれる方も少なくありません。そこで注射針が刺さるときの痛みをなくすために、刺す場所に麻酔液を塗って麻痺させる「表面麻酔」を行います。 麻酔液が冷たいと、体内に入るときに刺激が生じます。そこであらかじめ体温に近い温度に温めておき、違和感を軽減します。
電動麻酔器の導入 細い注射針の使用
薬液が体内に入るときスピードにムラがあると、痛みが生じます。そこで、コンピュータ制御によって注入のスピードを一定に保つことができる電動麻酔器を使用し、痛みを軽減します。 当院では麻酔針が刺さるときの刺激を低減するために、「33G(0.2mm)」と呼ばれる極細の針を使用しています。

削らない!新しい虫歯治療~ドックスベストセメント~

削らない!新しい虫歯治療~ドックスベストセメント~

従来の虫歯治療は、患部を削るしか方法がありませんでした。しかし、歯医者さんが怖い……という方は、この歯を削るという治療が原因になっているのではないでしょうか。そこで、当院では、歯を削らない新しい虫歯治療「ドックスベストセメント」を採用しています。これは薬剤を使ってミネラルの力で虫歯を自然消滅させるという治療法です。歯を大きく削る必要がない、痛みが少ない、アレルギーの心配がないなどの特徴があり、とくに、初期段階の虫歯に高い効果を発揮します。

ドックスベストセメント 1回 ¥5,000(税抜)
ドックスベストセメント
1回 ¥5,000(税抜)
虫歯を溶かして除去!虫歯治療~カリソルブ~

虫歯を溶かして除去!虫歯治療~カリソルブ~

歯を削らない新しい虫歯治療を、もう一つご紹介します。カリソルブは、歯を削る代わりに虫歯を薬剤で溶かして除去するというスウェーデンで開発された画期的な虫歯治療。虫歯部分にカリソルブという薬剤を塗布し、少し時間をおいて虫歯を溶かします。そして専用の器具を使って溶けた虫歯部分をしっかり掻き出し、合成樹脂を詰めて形を整えたら治療完了です。従来の歯を削る治療と比べると若干時間はかかりますが、振動が少なく健康な歯を余分に削ってしまうこともないので、患者さんへの負担も軽減されます。

カリソルブ 1回 ¥20,000(税抜)
カリソルブ
1回 ¥20,000(税抜)

一人ひとりに合った治療計画を

「虫歯治療」といっても、誰もが同じ方法でいいのではありません。当院では、患者さんのお口の状態やご要望をふまえ、一人ひとりに合った治療計画を立案してきます。自分が受けたい、また自分の家族にすすめたいと感じる治療法にこだわり、複数の案を提示したいうえで、患者さんご自身に選んでいただく(インフォームドチョイス)。そうすることで、納得して治療を受けていただけるよう配慮しています。

一つひとつの処置は、患者さんにできるだけ不安を感じさせないようご説明しながら進めていきますが、もしわからないことがある場合にも、気軽におたずねいただけるような雰囲気づくりも心がけています。

~虫歯の原因、ご存じですか?~

「虫歯の原因は甘いもの」そんなふうに漠然と思っていませんか? 虫歯は、次の3つの要素が重なることで発症します。

原因1
虫歯菌
原因2
糖分
原因3
歯質・だ液の質
プラーク(歯垢)に棲みつく虫歯菌が、直接的な虫歯の原因になります。

虫歯菌は食べカスに含まれる糖分をエサにして酸を出し、歯を溶かします。

糖分が多ければ多いほど、虫歯リスクが高まります。

もともと虫歯になりやすい歯質とそうでない歯質があります。まだ自浄作用を持つだ液の分泌量が少なかったり、性質が酸に近いものだったりすると、虫歯になりやすくなります。

このように、虫歯は原因がはっきりしている病気です。そのため、適切な予防によって発症を防ぐことも可能です。ご自宅での正しいブラッシングと歯科医院での専門的なクリーニングによって、歯を虫歯から守っていきましょう。

虫歯の進行と治療法について

CO 初期の虫歯
CO 初期の虫歯 【症状】
歯の表面のエナメル質がわずかに溶け、白く濁ります。まだ痛みはありません。
【治療法】
フッ素塗布や正しいブラッシングで治癒が期待できるケースもあります。
C1 エナメル質の虫歯
C1 エナメル質の虫歯 【症状】
エナメル質の溶解が進み、茶色くなります。この段階でも、まだ痛みはありません。
【治療法】
虫歯に冒された歯質を削り、詰め物で補います。
C2 象牙質に達した虫歯
C2 象牙質に達した虫歯 【症状】
エナメル質の内側にある象牙質まで進行した虫歯です。神経に近く、冷たいものや甘いものがしみるようになります。
【治療法】
虫歯に冒された歯質を削り、詰め物・被せ物で補います。
C3 神経に達した虫歯
C3 神経に達した虫歯 【症状】
歯の奥の神経まで達した虫歯です。何もしなくても激しい痛みがあります。
【治療法】
虫歯に冒された歯質を削り、被せ物で補います。
C4 末期の虫歯
C4 末期の虫歯 【症状】
歯冠部分がほとんど溶けてなくなった、歯根まで達した虫歯です。神経が死んで一旦痛みがなくなりますが、歯根の先に膿が溜まると、再び激しい痛みが現れます。
【治療法】
虫歯菌に冒されて死んでしまった神経を取り除く根管(こんかん)治療を行い、被せ物で補います。さらに悪化している場合には、抜歯をして入れ歯インプラントで歯の機能を回復させます。

当院の虫歯検査

当院では、虫歯治療による歯の侵襲をできるだけ抑えるために、次の検査を行っています。

検査1
カリエスチェック
検査2
ダイアグノデント
検査1 カリエスチェック 検査2 ダイアグノデント
虫歯菌に感染している歯質部分だけを、薬液で赤く染め出す検査です。染まった部分だけを削ることで、目診だけに頼った治療で起こりがちな、健康な歯質の削りすぎを防ぐことができます。 歯にレーザー光をあてることで、虫歯の進行度を数値で把握できる機器です。目診では見つけにくいごく初期の虫歯や、歯と歯の間の小さな虫歯なども確認でき、早期の治療を可能にします。