葛飾区お花茶屋の歯医者「お花茶屋駅前歯科クリニック」の「小児歯科・マタニティ診療」のページです。

小児歯科・マタニティ診療

お子さんの歯の健やかな成長のために~小児歯科~

「乳歯はそのうち生え替わるから、虫歯になっても関係ない」そんなふうに思っていませんか? それは実は大きな間違いだといえます。乳歯には、永久歯への正しい生え替わりをサポートするという重要な役割があり、虫歯になるとその役割を果たせなくなってしまうのです。

一生のうちで計算すると生えている期間が短くても、乳歯の時期からきちんとお口をケアすることが大切です。葛飾区お花茶屋の歯医者「お花茶屋駅前歯科クリニック」の小児歯科では、お子さんの歯の健やかな成長をサポートする診療を行っています。まだ自分ではきちんとしたケアが難しいお子さんの歯、ご家族の方と当院とで協力し守っていってあげましょう。

将来的な歯並びまで見すえて

将来的な歯並びまで見すえて

歯並びが乱れていると、虫歯や歯周病になりやすくなったり、しっかり咀しゃくできずに栄養の吸収を妨げたりするなど、さまざまな問題が生じてしまいます。そこで当院では、小さなころから将来的な歯並びまで見すえた診療を行っています。

たとえば、もし乳歯が虫歯になってもすぐに抜いてしまうようなことはしません。なぜなら抜歯によってできたスペースに隣の歯が倒れ込んできたりして、歯並びが乱れる原因になるからです。また毎日正しいブラッシングを継続して、あらかじめ虫歯を予防する習慣を身につける指導を行うなど、長期的な視野で診療にあたります。

「歯医者」に親しんでもらうための取り組み

お子さんが一度歯医者を嫌だと感じてしまえば、その後の通院は難しくなってしまうでしょう。当院ではそうならないよう、お子さんに「歯医者」に親しんでいただけるよう、さまざまな配慮を行っています。

ご家族の方も、過去の嫌な治療体験を話すなどして、お子さんに「歯医者は怖い」というイメージを与えてしまわないようご協力いただくとともに、治療後にはたくさんほめ、お子さんに自信を持たせてあげてください。

取り組み1
無理な治療はしない
取り組み2
痛みの少ない治療
お子さんがまだ雰囲気に慣れていないうちに、無理やり治療をするようなことはありません。時間をかけ、ゆっくりやさしく進めていきます。 麻酔時の工夫などにより、できるかぎり治療時の痛みをなくせるよう努めています。また治療時間の短縮も心がけています。
取り組み3
キッズスペースの完備
取り組み4
治療後のごほうび
医院での時間を楽しく過ごしていただけるよう、キッズスペースを完備しています。待ち時間に自由にご利用ください。 治療をがんばったお子さんに、ささやかなごほうびをご用意しています。来院時の楽しみにしていただければ幸いです。

小児歯科メニュー

子どもでも怖くない虫歯治療~キッズソルブ~

フッ素塗布

カリソルブによる治療法は、乳歯や生えたての永久歯にも適応できます。それが小児歯科用のキッズソルブです。子どもの歯は、成人の永久歯に比べるとエナメル質などの歯質が柔らかいため、小児用に調整されています。虫歯だけを溶かして除去するので、タービンなどによる音や振動もなく、怖くない虫歯治療です。

キッズソルブ 1回 ¥10,000(税抜)
キッズソルブ
1回 ¥10,000(税抜)
フッ素塗布

フッ素塗布

歯の表面にフッ素を塗布する処置です。フッ素には歯質を強くする効果があり、虫歯菌に対する抵抗力を高めて虫歯を予防します。

ブラッシング指導

ブラッシング指導

乳歯や永久歯が入り混じり、お子さんのお口の中は大小さまざまな歯があります。また生え替わりの時期には歯がない部分もあり、きちんと歯をみがくのは難しいことでしょう。そこで、一人ひとりのお口の状態に合った正しいブラッシング方法を指導します。ご家族の方にも仕上げみがきのコツをお教えしますので、毎日サポートしてあげてください。

~虫歯になりにくい食習慣を身につけましょう~

虫歯のなりやすさは、食習慣と深く関わっています。次の食習慣を意識し、お子さんの歯を虫歯から守ってあげましょう。

だらだら食べを
しない
いつもアメをなめているなど、だらだら食べを続けていると、お口の中は常に汚れた状態になり、虫歯になりやすい環境ができてしまいます。食事やおやつは、決まった時間にとりましょう。
糖分は
控えめに
糖分は虫歯菌のエサになるもの。糖分が多く含まれるおやつは控えめにするなど、注意しましょう。
おやつの選び方に
注意して
「おやつは甘いものじゃなくちゃ……」と決めつけず、歯にやさしいものを選びましょう。歯のためには「フッ素入り」「キシリトール入り」のものもおすすめです。ふかし芋などもいいでしょう。
食べた後には
ブラッシングを
食べた後にはできるだけブラッシングをしましょう。難しいときには、うがいだけでもする習慣をつくりましょう。

【歯科用品ご紹介】

当院では、年齢や歯の生え方などに最適な歯科医院専用の歯科用品をご紹介しています。歯ブラシや歯磨き剤について、いつも「どんなものを選べばいいのかしら?」と迷っている方、「市販品から変えてみたい」とお思いの方は、ぜひお気軽にお尋ねください。

~お子さんの虫歯予防は大人から!?~

~お子さんの虫歯予防は大人から!?~

生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には、虫歯菌は 存在しません。つまりそのままなら、お子さんは虫歯にはならないはず。では、なぜ虫歯ができてしまうのでしょうか? 実はそれは、身近にいるお母さんやお父さんのお口から虫歯菌がうつってしまうことが原因なのです

実は虫歯菌は、コップやお箸、スプーンなど食器の共有、またスキンシップとしてキスすることなどからお子さんにうつっています。つまりお子さんに虫歯菌をうつさないようにするには、そういった行為をできるだけ控えることに加え、身近な大人がきちんと歯科治療を受け、お口の中から虫歯菌を減らしておくことが大切です。まずは大人の方が、自分のお口を気にすることからはじめましょう。

お母さんのお口も大切に~マタニティ診療~

女性は妊娠すると、ホルモンバランスが変化するとともにつわりがはじまり、食事をちょこちょこととるようになったりブラッシングがしにくくなったりすることで、お口の環境が悪化してしまいます。そのため、虫歯や歯周病になりやすくなってしまうのです。

妊娠中には歯科治療を受けられないと思われている方もいますが、そんなことはありません。むしろ、適したタイミングを見はからって一度診察を受けたほうがいいといえます。葛飾区お花茶屋の歯医者「お花茶屋駅前歯科クリニック」のマタニティ診療では、妊婦さんの歯科治療に対応していますので、お気軽にご相談ください。

妊娠性歯周炎に注意

妊娠性歯周炎に注意

妊娠中にかかる歯周病を「妊娠性歯周炎」といいます。実は妊娠性歯周炎にかかると、歯周病菌が子宮に影響し、陣痛に似た筋肉収縮を引き起こして早産や低体重児出産を招いてしまうことがあります。お腹の中の赤ちゃんの健康のためにも妊娠性歯周炎にはとくに注意し、きちんと治療を受けましょう。

妊娠期の歯科治療のタイミング

妊娠中に歯科治療は受けられますが、治療に適した時期があるといえます。タイミングを見はからって、よい時期にご来院ください。

妊娠初期
1~4ヶ月ころ
妊娠中期
5~8ヶ月ころ
妊娠後期
9ヶ月ころ~
つわりがあり、また切迫流産のリスクもある時期です。この時期は、できれば治療は控えましょう。 つわりも落ち着き、安定期に入るころです。この時期がもっとも歯科治療に適しています。自覚症状がなくても一度ご来院ください。 いつ陣痛がはじまってもおかしくない時期です。できればこの時期までに、治療をすませておくことをおすすめします。
~ブラッシングしにくいときの工夫~

つわりがある時期は、「ブラッシングするのも辛い」といわれる方も少なくありません。次の工夫によって、できる形でのケアをしておきましょう。

  • 歯みがき粉の香りが気になるなら、つけなくてもOKです。
  • 歯ブラシのヘッドを小さいものにすると、お口に入れやすくなります。
  • ブラッシングが難しければ、殺菌効果のある緑茶でうがいをしたり、食後に繊維質の多いリンゴを食べたりすることでも、お口をスッキリさせることができます。

マタニティ診療Q&A

Q.妊娠中にレントゲン撮影をしても問題はありませんか?
A.歯科で行うレントゲン撮影は、お腹から離れた位置が対象になるうえ、X線の防御用エプロンを装着していただきますのでとくに問題はありません。念のため、妊娠初期は控えたほうがいいでしょう。
Q.麻酔はお腹の赤ちゃんに悪影響はありませんか?
A.歯科で行う麻酔の薬液はごく少量であり、局所麻酔のため心配はないといえます。ただし、過去に麻酔によって気分を悪くしたりアレルギーを起こしたりした経験がある方は、あらかじめお申し出ください。
Q.親知らずが痛むのですが、抜歯しないといけませんか?
A.妊娠中は歯ぐきが炎症を起こしやすいため、それまで何もなかった親知らずが痛み出すことも少なくありません。できれば結婚・妊娠の前に、抜歯しておくことをおすすめします。
~同意書のお願い~
当院では妊娠期の歯科治療にあたり細心の注意を払うため、治療を受けられるご本人の同意書が必要になります。ご来院の際にはご理解のほどお願いいたします。